2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« シリーズ!NO.19 | トップページ | 引越し! »

シリーズ!NO.20

こんにちは!

引渡しを数日後にし、まだクリーニング前ではありますが、養生が取れたので撮影して来ました。 

まずは、リビング!  

1_2  

 

 

次は吹き抜け! 

2  

 

 

猫さん目線で撮影してみました。 

見える梯子は・・・・秘密の通路?? 

もちろん階段もありますのでhappy01 

続いてキッチンとトイレ! 

3  

 

 

4  

 

 

 

 

2階吹き抜けから見下ろしています! 

5  

 

 

最後にロフトです! 

6  

 

 

ご家族の引越しが楽しみですね~。

ではでは。失礼を

« シリーズ!NO.19 | トップページ | 引越し! »

コメント

先日は引渡しでの取り扱い説明に
業者の皆様に来ていただき、
どうもありがとうございました。

また、銀行さんとの最終契約?にお立会い頂き、
こちらの方も、どうもありがとうございました。

書類がいっぱいで大変だなぁ、と思いつつ、
逆に、これだけで済むのは、
見えないところで、管理人さんはじめ、
八晃建設の皆さんが、
あちこちに足を運び、多くの時間を費やし、
ご足労頂いた結果だねぇconfidentと夫婦で話していました。

土地探しに始まって、様々な面で、
本当にたくさんたくさんお世話になり、
どうもありがとうございました。


今日の函館新聞、見ましたよ!
一面をでかでかと飾っていましたねhappy01スゴイ!

管理人さんの熱い想いが伝わる記事でした
家の事も書いてあるhappy02と思いつつ、
保管してありますcatfaceずっと大切にとっておきますね。

完成した我が家は…。
想像を超える、理想以上のすばらしい出来上がりです。

完成後にはじめて家族で見に行ったときには、
家族全員感激でいっぱいでした。

子ども達の動きも配慮していただき、
細かいところにまで気を配ってくれたのが、
よくわかります。さすがです。
大工さんの手作りの部分もたくさんあって、
その手のぬくもりが伝わって来るような気がします。
大切に住まわせて頂きますね。

残念ながら、諸事情で内覧会が出来なかったので、
写真の説明を少し(たくさん?)…。

吹き抜けのあるリビングは、
開放感いっぱいで、お気に入りの場所です。
奥に見える、ダイニングカウンターは、
私と夫のPCスペース、家事スペース、軽食を取る場所、
そして、子ども達の勉強場所にもなるかも?
キッチンの小窓とつながっているので、
キッチンからPCでレシピを見ながら料理できる
便利な場所になりそうです。
収納もたっぷり。

拭きぬけ最上部には、
子ども部屋のロフトとつながる小窓(開閉可)を付けてもらいました。
ロフトとリビングで会話が出来ます。
通気もよさそうです。

ハシゴは、ちょっと遊び心heart04
ここから、フリールームに行けます。
リビングに置くとゴチャゴチャしそうなものを、
フリールームに置こうかな、と思っています。

キッチンは、あえてとてもシンプルで安価なものを
選択させてもらいました。
もっと豪華なものもたくさんあったのですが、
その分使い方が限定されるような気がして性に合わず…。
色々工夫して使おうと思います。

トイレは、限られたスペース。
将来、親の介護などの可能性も考えて、
便器を片側に寄せて、介護スペースをとってもらいました。

最後の写真、ロフトは、
子ども達の夢の秘密基地ですねlovely
どのように使うのかと思ったら、
T字のロフトを、とりあえず、ローションして、
それぞれが一角ずつ使うことになったようですhappy01

写真にはありませんが、食品庫(パントリー?)
も作ってもらいました。
家中暖かいので、涼しい食品庫は
ジャガイモやタマネギやお米などなどの保存に便利そうです。
今までは、寒い玄関にゴチャっと置いていたので、
見栄えが悪かったのですが、すっきりですね。

入居前の内覧会は実現しませんでしたが、
お引越しが終わって落ち着いたら、
興味のある方、是非見学に来てください。
お問い合わせは、八晃建設さんまで(笑)
http://hakkou-kensetsu.com/

ではではまた。

sunnotesunnotesun 

 ハオハオさん。

 いつもありがとうございます。
 そして、落成おめでとうございます。

 ハオハオさんの…
 ご主人様の…
 子供さん方の…
 一生の中で恐らく1回限りの…
 大切な時間にご一緒させていただき…
 本当に光栄です。

 主人公はご家族の皆様です。
 マイホームはその器にしかなりません。
 高い買い物ですが事実です。

 しかし、この大切な時間を境に…
 子供さん方には明るく、健やかに…
 ハオハオさんご夫婦には、さらに仲睦まじく…
 幸せな時間を造って行ってほしいと…
 マイホームの造り手として…
 心から願っています。

 本当のお付き合いはこれからですが、一先ず…

 「おめでとうございます!!」


 

いつもありがとうございました。
管理人です。

お返事の書き込みをしたと・・・思い込んでおりました^^;。すいません。 
 
新居へのお引越しおめでとうございます!
喜んで頂けて、私も大変嬉しく思っています。
お邪魔にならない程度に、時折お邪魔しますので、予めご了承下さいね。 
 
新聞記事・・・・お恥ずかしいです。 
それも、一番最初に・・・・ 
更に取材中なのに、用事で途中退席でした^^;。 
記者さんにこの場をお借りし、すいませんでした! 
 
よい年越しを^^。

では、失礼します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/217486/26053019

この記事へのトラックバック一覧です: シリーズ!NO.20:

« シリーズ!NO.19 | トップページ | 引越し! »