2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« №220 ビデオで… | トップページ | №222 末…。 »

№221 名前と北寄貝…?

 今日は『居室』のお話。

 建築基準法の改正により、居室の床面積に対する有効採光面積の割合が、実質緩和された雰囲気。

 …で、これって『居室』とみなされるもの?の例として…。

 住宅の台所。

 事務所の事務室、会議室、宿直室、守衛室。

 店舗の売場、店員の休憩室、調理室。

 工場の作業場、食堂、休憩室。

 ホテルのロビー、厨房。

 喫茶店の客席、厨房。

 病院の手術室、レントゲン室、患者用浴室。

 水泳プール。

 

 一番最初の『住宅の台所』で…

 調理のみに使用し、食事はしない事。

 床面積が7.5㎡程度であって、かつ、他の部分と間仕切り等で明確に区画されていること。

 …の場合には、居室として扱わないこととしている。

 

 間仕切り壁はアコーディオンカーテンなどでもよく、高さが50㎝の下がり壁でもいいということ…。

 

 『台所』と名前がついているだけでは、『台所』ではない可能性があるのですね。

 

 …微妙な感じで。

 

○o*o・。oo*o・。oo*o・。oo*o・。oo*o・。

 

 日曜日に上の坊主が突然『釣りを教えて!』と…。

 聞くと、近所の友達6人とすでに打ち合わせ済み。

 徒歩1分で到着する海で、投げ釣りの練習。

 彼らは何かが釣れると思っているらしく、バケツを持ち出しさまざまな議論を…。

 焼き魚?刺身?

 …絶対に無理です。

 まあ、楽しそうにやっていたので、良しとしましょう。

 ownerは、寒くて、寒くて…。

 お!釣れた!…と、一人。

 それは海草。

 お!釣れた!…と、一人。

 それは北寄貝。

 

 …ん?北寄貝?

 

 暖かくなったらね、6人まとめて連れて行きますよ。

 誕生日に釣竿を買ってもいいかな?…と、坊主。

 うん。…と私。

 6月なので、そのころには釣果も期待できるかな?

 

○o*o・。oo*o・。oo*o・。oo*o・。oo*o・。

 何の話かわからなくなってしまいましたが、今日はこの辺で失礼します。

 

« №220 ビデオで… | トップページ | №222 末…。 »

コメント

思わずコメしちゃいましたhappy01
かわいいですね(*・∀-)☆
ホッキ貝釣れるんですか・・・

折角寄ったのでステキな建築屋さんに質問させていただきますね。

家を建てる時期というのはあるのでしょうか?

 いっきーさん、コメントありがとうございます。
 『ステキな建築屋さん』と言われて、かなり舞い上がっております。
 
 北寄貝は釣れた…というより、針に引っかかった…という方が、あっていると思います。
 でも、子供たちは『釣れた!釣れた!』と喜んでいましたので、そっとしておきました。

 話はそれましたが、家を建てる時期ですね。
 北海道は基本的に冬期間は外した方がいいでしょう。
 氷点下になると、マイホームに使われるいろいろな『物』の品質に影響が出てきます。
 決して悪くなるわけではない…というより、悪くしないのが建築屋さんの務めですが、その品質を確保するためには相応の費用が発生します。
 そのほかにも要因はありますが、例えばこれ一つとっても余計なお金を必要とするわけで、ましてや見えないお金であることになります。
 詳しいお話は、またブログで紹介しますね。

ありがとうございますnote

その見えないお金・・というのは
依頼者が負担するべきものなんでしょうか。

マイホームを建てたいとナァ思っています。
初めてのことで何も分からないので、
少しづつアドバイスいただけたらと思います。

 いっきーさん、ありがとうございます。

 基本的にマイホームは、出来上がった商品として売っているものではありません。
 建売住宅は出来たものとして売っていますが、弊社はオーナー様に合わせて一から造り上げるという事を原則としております。
 売っているものを買うという形にはならないことになります。
 ゆえに、前述の冬期間の施工による必要となる費用は、どうしてもその時期に該当する場合にはオーナー様の負担になるかと思います。

 工期設定…詳しいところはブログで紹介しますね。

 一生に一度(…かもしれない)大きな買い物ですので、あせらずによく吟味しましょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« №220 ビデオで… | トップページ | №222 末…。 »